十勝十勝

世界自然遺産・知床が象徴するように、
手つかずの大自然が残るオホーツクエリア。
圧倒的な自然を体で感じ、心で感じる。
壮大な感動の旅が待っています。
知床・夕張台

景 観

目の前に迫ってくるような厳しい自然の力強さ、
美しさ、気高さを、全身で感じてみてください。

地元おすすめ!
チミケップ湖

写真

津別町 地域おこし協力隊
太田克彦さん

湖は静かに佇み、
動物たちがいきいき暮らす
こころ奪われて、
息をのむ紅葉の美しさ

この湖は、数ある北海道の有名な湖をイメージしていると、裏切られるかもしれません。周囲わずか7.5kmほどの小さな湖は、原生林に抱かれてひっそり佇み、あるのは静寂さ。聞こえてくるのは風の音、鳥の声…ふだんの喧騒からはあまりにもかけ離れていて、別世界に迷い込んだような感覚になるかもしれません。たどり着くまでも、ちょっとした冒険です。途中から未舗装の道をガタガタと進みます。素晴らしいのは紅葉。昨年、タイからの取材陣を案内したところ、見事な紅葉を前に、立ち止まってこころ奪われていました。

地元おすすめ

太田さんが撮影した秋のチミケップ湖。
お問合先:0152-77-3771(津別観光協会)
http://www.tsubetsu.net/sightseeing/index.html

太田さんが撮影した秋のチミケップ湖。
お問合先:
0152-77-3771(津別観光協会)
http://www.tsubetsu.net/sightseeing/index.html

グルメ

海から、大地から、豊かな自然の恵みがもたらした
様々なご当地グルメが生まれました。

地元おすすめ!
北見焼肉ミート
クーポン

写真

北見焼肉アンバサダー
佐久間茜華さん

昼ごはんも晩ごはんも、
肉、肉、肉!
焼肉のまちで過ごす、
肉づくしの一日

北見市は、人口に対する焼肉店の数が北海道で一番多い焼肉のまち。かつてと畜場があり新鮮な肉が身近にあったことが、焼肉文化へと発展する要因となったようです。北見焼肉の特徴は、内臓肉が好まれることと炭火の七輪で楽しむこと。毎年2月には「厳寒の焼き肉まつり」も開催され、気温がマイナス10℃前後にもなる中、多くの人が集まる大人気イベントとなっています。北見に泊まる人だけが購入できるのが「北見焼肉ミートクーポン」。お店の個性あふれる焼肉セットをお得に気軽に楽しんでくださいね。

地元おすすめ
地元おすすめ

クーポンは市内18軒の宿泊施設で買える
http://kitami-meatcoupon.info/index.html

体 験

自然を近く感じます。自然のぬくもりを感じます。
オホーツクで自然とまっすぐ向き合ってみる時間を。

地元おすすめ!
夜の動物観察

写真

星の時間 ネイチャーガイド
綾野雄次さん

満天の星の下、動物たちは
いきいきと生きる
野生動物のくらしを
のぞかせてもらうツアー

知床に暮らすたくさんの野生動物の中には、昼よりも夜のほうが活発に動くものもいます。そんな動物たちの姿を観光バスに乗って観察できるのが、斜里バス株式会社の「知床☆夜の大自然号」ツアーです。餌付けはしない、強力なライトは使わないなど、野生動物に配慮したスタイルが支持されて、開始から30周年を迎えます。いまでは、多くの事業所が参加し、世界自然遺産・知床で本物の野生を体験するツアーが定着しました。エゾシカやキタキツネとの遭遇率はかなり高く、ヒグマやシマフクロウに出会えることも。

地元おすすめ
地元おすすめ

「知床☆夜の大自然号」の問合せ・申込み方法は斜里バス株式会社ホームページを参照。
http://www.sharibus.co.jp/k_roman_n.html

ここだけのホッカイドウオホーツクエリア
  • 写真
    薄荷産業の歴史をいまに伝える北見ハッカ記念館・薄荷蒸留館

    かつて世界の市場の7割を占めていた北見ハッカ。それを活用したプログラム「フレグランス ハッカ蒸留体験」が好評です。

    お問合先:
    北見観光協会 
    0157-32-9900
    北見観光協会 
    0157-32-9900

    http://www.kitamikanko.jp

  • 写真
    ヒグマも暮らす「知床五湖」原始の森の中を歩いてみる

    高架木道を歩けば、展望台から第一湖と知床連山が見られます。もっと自然にふれるには、地上遊歩道の大ループがおすすめです。

    お問合先:
    知床斜里町観光協会 
    0152-22-2125
    知床斜里町観光協会 
    0152-22-2125

    http://www.shiretoko.asia

  • 写真
    「博物館 網走監獄」で囚人の作業と食事を体感

    網走刑務所として使われてきた建物には、リアルな人形が当時を再現しています。意外においしいと評判の「監獄食」をお試しあれ。

    お問合先:
    網走観光協会 
    0152-44-5849
    網走観光協会 
    0152-44-5849

    http://www.abakanko.jp

  • 写真
    北方地域専門の世界でも珍しい「北方民族博物館」で学ぶ

    東はグリーンランドから西はスカンジナビアまで、北方に生きる人たちの衣食住や文化が学べます。豊富な展示は見ごたえあり。

    お問合先:
    網走観光協会 
    0152-44-5849
    網走観光協会 
    0152-44-5849

    http://www.abakanko.jp

Good Day 北海道
旅して体験!北海道
Page Top